活イワシ餌のフカセで攻めるライトゲーム

未分類

風が強めの予報でちょっと萎えてたけど、今年はチョイ無理めでも無理に行こうがテーマなので行ってみた。
新月の凪と、これはおそらく釣れる、高確率で釣れると思ったから。風がライトゲームするのには強いけど。


で、磯場につくとなんとなんとイワシがプールにたっぷり取り残されている。これは勝ちましたわ。
勝ち確定です、はい。

裏本命のアオリが一番釣りたいので暗くなるまでエギを投げてイカを狙ってみたけど不発。流れ藻が多くてだいぶやりにくい。
あたりも暗くなり、ルアーかイワシかと迷ったが、もちろんイワシを選択。勝ち確定ですから。

イワシが使えるときは年に何回もない、こういう時は幸運に乗らなければならない。
たまにこういう幸運があるのでエサ針は常に忍ばせている。タモも実際はイワシを掬う用途でもってきている。
ルアーの代わりに伊勢尼10号を結んでイワシの鼻先にチョン掛け。それをキャストしてアタリを待つ。

で速攻で釣れるヒラスズキ。
そして続くメバル25㎝ ヒラスズキ

丁寧にやると全然引かないからエギングロッドで余裕の60オーバー
フロートつけてチョイ遠くに投げ投げ その後フロートをロストで死


が、とにかくやり辛い。風は向かい風で強烈に仕掛けを手前に戻してくる。
流れ藻は多い。
そして何よりイワシをキープできる物がなくて、一回一回プールに掬いに行かなくてはならない。
ものすごく効率が悪い、仕掛けが入ってる時間よりイワシ獲ってる時間のほうが明らかに長い。

プールが深いから全然掬えないし、あーだこーだして何とか3本釣って2回ほどアタリを掛けれなくて、あーだこーだしてたら1時間ほどで時合終了。
そっから2~3時間無の時間をイワシ流して、全然アタリないからちょっとルアー投げて、ちょっとエギ投げてと過ごしたけどなんもなし。結果1時間ほど入れたら喰うような爆発力がある時合だったけど、仕掛けの投入効率が悪すぎて結果3匹。
ん~微妙。釣れたからいいけど。もっと釣れると思って写真すら全然とってないわ。

目測で平が65と55 メバルが25ってところ


イワシを手元で活かしておくバッカン1つあれば全然違ったわってね。
すり減って滑ってきたソールのネジスパも打ち直したし、本格シーズンがんばるぞ!

        こちらも→スパイク減った靴で遊んだ話

使った道具
エギングロッド 
ハリス シーガーの3号

がまかつ 伊勢尼10号
https://amzn.to/3QCwdO7
アルカジックジャパン シャローフリーク
Amazon.co.jp
タイトルとURLをコピーしました