釣行記-磯大物

南の島や大型青物を狙った釣行記

その他のコラム

ノットの端糸の長さ どこでカットすべき?

結んだ端糸の長さって、たまに異常に長いやついるよね。なぜ切らない!なんだその長さ?気持ち悪くて、気持ち悪くて。特にルアーから釣り始めたやつに多い。5cmはあろうかという端糸の長さ。そんな不細工なノットをSNSにアップして恥ずかしくないのか?...
釣行記

マーベリックの魔力 スイミングポッパー系ルアー

あまり金にもならないこと書いてもなぁと気が進まないけど、ネタもないので書くか。南の島のとある沖磯。とある真夏のお昼。灼熱の日差しが照り付ける地獄の中、船着きででかいルアーをみんなで投げる。一匹イソンボがじゃれ付いてくる。ぱっと見で20ー30...
釣行記

突然の小笠原 2020夏 

旧ブログの2020年の記事から加筆修正した記事 突然の誘い ある夏の灼熱地獄の午前。暑さも吹っ飛ぶ、度肝を抜く連絡が来る。 この島ってそう来週いく?とかいう場所じゃないよな... と思ったけど自分も来週行く?って誘ったことあったわ いやね、...
その他のコラム

【必需品】チギロープの作り方【磯の巨魚釣り】

なんども口を酸っぱくしていっておるんだが、磯で20kg超えてくる魚を運ぶの至難の業だから。足場の悪い釣り場からベースキャンプや撮影に良い場所に運ぶだけで体力を一気に持っていかれるから。そして20kgあるような魚を渡船に搬入するのも大変だから...
釣行記

関東の磯で「ここ日本か?」みたいな状況が発生中 

ちょうど渡船の船室に一人分空いてる寝床があった訳。よっこいしょと、荷物を置くと話しかけられる「もちさん!」「え?」 正直、相手がマスクしてるから誰だか分からないけど「○○です!」と言ってくれて分かった。○○さんじゃん。。。びっくりこんなとこ...
釣行記

2016夏 小笠原釣行 その3 もちお、伝説の魚を釣る

磯釣り2日目 前日の低活性の離れを考えると、乗ろうか迷ったがやはり回遊魚ねらいならと思い前日と同じ離れを希望。今回はチームメンバーのほかに一人年配のOさんが同船している。(前日は別の磯に乗ってた)自分たち4人はOさんとは別の磯に降りる予定だ...
釣行記

2016夏 小笠原釣行 その2

 磯釣りの日いつもの渡船でいつもの沖磯にいく。べったべたのべた凪。4人で一緒に乗
釣行記

2016夏 小笠原釣行 その1

2022年 旧ブログの過去記事を再編集し再アップ 7月、なんとおがさわら丸が新造船となった!今回はその初航海(初営業)のタイミングを取り帰島することにした。 かなり大きくなった新おがさわら丸(2016年 竹芝で撮影) 今回の参加者 もちょお...
その他のコラム

巨大魚に磯から引っ張り落とされた話

その日は前日にデカい魚を釣ったこともあってだらけていた。時折イソマグロの10kg程度のアベレージンボが遊んでくれる。 蟲君はこの日いっぱい釣っていた 20kgくらいのイソンボ 蟲君が言う「座って投げると疲れなくていいよ ルアー名人のブログに...